果てしない・・・インド最大ITパーク・テクノパーク内の道のり

こんばんは!YLEMスタッフのミキです。
今回はバスを利用してアパートからオフィスへ辿り付くまでの様子を綴ります★

1.バスに乗る

とりあえずアパート近くのバス停から青色と白色のバスに乗ります。すみません、アバウトで。

え?時刻表?タイムテーブル?
そんなものありません。時刻表があったとしても時刻通りに来ないので必要ありません。
(このバスの運行本数は1時間に1~5本ほど。多分)


片道6Rsです。車掌さんが順番に運賃を徴収しに来るので、行き先を伝えて支払いを済ませます。


このバスには窓がありません。

昔、「俺たちに窓なんていらないぜ!」と誰かが言ってから
バスの窓は全て取り外されたそうです。


(というのはウソです)

2.一服する

今から長い道のりを歩かなければいけません。そこでテクノパーク前のお店でちょっと休憩。


バスを利用する日は必ず寄っているお店です。
ケララではこのスタイルのお店がたくさんあり、並んで建って同じ物を売っています。


ここのチャイ(Milk Tea/1杯6Rs)を飲んでボーっとしていると子供たちが話し掛けてきます。
もちろんマライヤラム語で。元気を貰ったら、いざオフィスへ向かって出発!

3.正門をくぐる

お店を出てちょっと歩くと正門が見えてきます。


これが正門!Ylemが入居しているビルは椰子の木の遥か向こうの高台にあるので見えません。
ここからの道のりを考えるだけでげっそりしてきました


オート(力車)のおっちゃん達です。正門の写真を撮っていると、真後ろのオート乗り場の
おっちゃん達に声を掛けられました。ここに止まっているオートをYlemスタッフが頻繁に(ほぼ毎日)
利用するので日本人を覚えてくれています。 いつもありがとうおっちゃん!

おっちゃん:「まだ帰らんのか?」
私:「うん。まだ終わってないの。おっちゃん、写真撮ってもいい?」
おっちゃん:「いいよ!ちょっと待て、今タバコ捨てるから」と、その場でポイ捨て。

何度も見る光景ですが心が痛みます。。

4.セキュリティを通過する

さぁ、ここからが長いです!正門をくぐるとセキュリティオフィス(茶色の屋根)が両脇にあります。
ここから先はテクノパークのIDカードを見せないと通してくれません。


24時間セキュリティが立っています。画面左の白色の服のおじいさんではなく
画面中央に小さく写っている2人がセキュリティです。
ちなみにおじいさんのいる左道を曲がるとSUBWAYと31アイスのお店があります。

みんな大好きSUBWAY!

日本と同じ味かどうかと言うと… 分かりません。
※日本で私が過去に利用したSUBWAYの回数: 0回 (インドで初めて食べました)

みんな大好き31アイス!

日本と同じ味かどうかと言うと… 分かりません。
※日本で私が過去に利用した31アイスの回数: 5回未満 (しかも10年位前)

5.ひたすら歩く

正門をくぐってからひたすら歩きます。長い長い長ーい!!
面白い写真でもないのでまとめてどうぞ!


長いね


途中で疲れて下を向く


ちょっと飽きちゃったし右でも向く


うー頑張れあとちょっと


ロータリーが見えてきた!

ロータリーの横断歩道を渡るとそこには…!!

階段!

結構長くてしかも割りと急!やすやすとYlemの敷居はまたげません。

階段を上りきったそこには、また坂道

坂道を登りきるとオフィスが見えてきました!


右手のビルがYlemの入居しているビルです。
玄関へ周り、セキュリティに笑顔で挨拶し、廊下を歩き、オフィスのドアを開けると、、、


やっとで自分のデスク! うわー長かった。

これが休日にバスを利用して出勤した場合の道のりです。

平日は、朝5時半出社のチームはYlemが用意したタクシーに乗って出社しており、
朝9時出社のチームは個々にバスやオートを利用して出社しています。

急に雨が降ってくる事もあるので折り畳み笠は必須アイテム!
ちなみに私は持っていません。買わなきゃ。

それでは今回はこのへんで。
おやすみなさい☆

サブコンテンツ

このページの先頭へ