”Care Plus” インド・NGOの活動に参加

もう9月になってしまいました。

大学生のインターンシップがわいわい来ていて、若~い雰囲気のYlem今日この頃です☆

そんなインターンシップ生と一緒に私(スタッフのあや)が参加しているのが

インド・トリバンドラムのRCC(Regional Cancer Center)の中にオフィスを持つ、”Care Plus“というNGO団体の活動です。

”Care Plus” 薬を渡しているところ



“Care Plus”は、貧しく、病院に来て治療を受けることが不可能な癌の患者さん、
街から遠く離れた場所に住む癌の患者さんの在宅ケア
をしています。

私たちは団体の医師、看護士と共に車に乗り込み、RCCの施設から約15km以内にある地方の家を回ります。

一軒一軒、患者さんや家族と話して状況を確認し、診察、薬を処方します。

自然がいっぱいな中を、少し歩いて行く時もあります。



私たちが直接ケアする、ということは医療の資格も知識ももちろんできませんが、

”日本人がきたーーー”と笑顔を見せてくれた患者さんと片言のマラーヤラム語で話してみたり
日本人に興味津々!の患者さんの子供たちの質問に答えてみたりと、

少し、一瞬でも患者さんの心に明るい風をもたらせたらいいな、と思います。

こどもたち



私たち自身にとっても、地方の小さな家を回り、家の中にまで入ることはめったにない貴重な体験!!

インドの様々な面、インドに住む人々の生活の様子を見ることは、日本の生活を改めて考えるきっかけにもなる様な気がします。

インターン生の皆さんも毎回いろんなことを感じてるみたい。
仕事だけでなく、外に出る活動もある、海外インターンシップてすごいかもーー

サブコンテンツ

このページの先頭へ