南インド ケララ州でバカンス!~とりあえず有名なビーチを巡る~

IMAG0949
ナマスカーラム!マイです。

日本はもうそろそろ秋に突入、衣替えが必要な時期ですね。

だがしかしここケララはいつだって常夏!!

9月といえどビーチでサーフィン、スイミング・・・いやになるほど夏を謳歌できるわけです。
今回は有名どころのコヴァラムビーチヴァルカラビーチを紹介します。

とはいえ、Ylemの先人たちも数多く訪れ魅了されてきたビーチなので、このサイトでも今まで何度も紹介されてきたわけですが・・・
(参照:南インドの観光リゾート地“コバラムビーチ”は超気持ちー!
    南インドで遊ぶならやっぱりバルカラビーチ☆)
細かいことは気にせず、おさらい程度に読んでいただければと思います。

 
 

コヴァラムビーチ

IMAG0953

ケララのビーチといえばここ、といっても過言ではないでしょう。
かつて18世紀初頭から20世紀半ばにかけてケララ地方南部で栄えたトラヴァンコール王国。そのマハラジャ(大王)はよくこのコヴァラムで余暇を過ごしていたようです。そして欧州の人々にこの土地のすばらしさが伝えられ、1930年代ごろから観光スポットになったとか。
1970年代にヒッピーらが訪れ、コヴァラムに魅了された彼らがコミュニティ単位で移り住んだことで爆発的に人口が増加しました。

そのような歴史を持つだけあってとても栄えたビーチで、トリバンドラム市内から20kmもないためアクセスがよく、現地の人々だけでなく多くの外国人観光客でにぎわっています。

IMG-20140912-WA0000

ケララのお祭りオーナムの時期のビーチ!いもを洗うようですね。

IMAG0952

天気のいい日は本当に気持ちいい!青い空・アラビア海・眩しい太陽・ヤシの木そして灯台の組み合わせはいつ見ても素敵です。

IMAG0954

こちらYlemスタッフからの人気も高い”German Bakery“というレストランで頼んだ海鮮パスタ!意外とボリューム満点で胃もたれしてしまいました。

IMAG0951

夕日もとてもきれいです!

 
 

ヴァルカラビーチ

IMAG0965

ヒンドゥー神話によると、かつて聖者ナラダのもとに巡礼者たちが訪れた際、ナラダは彼らにその信者たちを呼び寄せるよう伝え、それからこの土地はパパナサムという地名で知られるようになりました。そして時は過ぎ、ヴァルカラの名で知られるようになったそうです。

トリバンドラム市内からは約50km。列車だと1時間ほど、バスだと2時間以上はかかっちゃうみたいです。
先日インドに来てようやく初めて遊びに行ってきました。

IMAG0957

お店のほとんどは切り立った崖の上!眺めがよく、風が気持ちよかったです。

IMAG0956

平日だったのもありますが、コヴァラムほどのガヤガヤ感はなく、閑散としてました・・・
ざっと見た感じチベット系とネパール系が多かったです。

IMAG0963

TRATTORIAS“というこのレストランでは本格的な日本料理が味わえます!

IMAG0964

本日のおすすめメニュー。マイマイタンドーリに気を取られつつ私はコロッケ定食を頼みました。

IMAG0962

クリームコロッケ4つにごはんとサラダと味噌汁がついて200ルピー!

この日引率してくれたカアイさんは鯖の味噌煮定食を頼んでました。
鯖の味噌煮・・・
さばの味噌煮・・・
さばのみそに・・・
この単語だけで垂涎ものですね。欲にまみれた私たちは鯖1切れとコロッケ1つを交換するということで交渉成立。

IMAG0960

まだまだ日本食メニューはこんなに・・・
全メニュー制覇してやるぞー!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ