南インド 穴場的避暑地≪コダイカナル≫で乗馬体験!!

2013年12月31日、私は焦っていました。
アシュラムでヨガと瞑想をしながら厳かに新年を迎えようとしたのに、
宗教的な雰囲気に耐えかねて3日でアシュラムを飛び出してきたからです。
せっかくの長期休暇、どこかに行かなきゃもったいない!!
そうだ、コダイカナルに行こう♪

 

 

そうだ、コダイカナルに行こう♪

 

 

私の愛読するロンリープラネット(略してロンプラ)によると、
・コダイカナルの起伏の激しい道のりは、息をのむような眺めだ。
・コダイカナルは、平地の熱気とスモッグでかすんだ空気から逃れられる別天地で、
ショーラ(この地方の森林)の静けさの中でハイキングも楽しめる。
・高い料金で馬を貸そうとする人々から声をかけられるだろう。
中には引退したほうがいいような馬もいる。

・・・引退したほうがいい馬って。。

 

 

コダイカナルの馬♪

 

 

2014年1月1日早朝、私はタミルナドゥ州へ向かいました。
不安になるくらいバスで山道を登っていきます。※ヘアピンカーブ注意!!
コダイカナルに到着☆

 

 

コダイカナルの息をのむような眺め

~コダイカナルは、平地の熱気とスモッグでかすんだ空気から逃れられる別天地で、息をのむような眺めだ~
ロンプラに書いてあることは本当でした!!
次は、引退したほうがいい馬はいるのかどうか、気になるところ。笑

 

 

えーーチャリで引き馬してる ↑↑日本ではありえない光景です!

 

 

えーーチャリで引き馬してる ↑↑
日本じゃ絶対ありえない光景です!!さすがインド!!

 

 

私も馬に乗って湖周辺を外乗しました!!

 

 

私も馬に乗って湖周辺を外乗しました!!
どうしても写真が撮りたくて、左手に手綱、右手にカメラという状態。。
ていうか、馬、全然大人しいじゃないですか。
耳が私の方を向いています。
ちゃんと指示を聞いてくれているようです。
いいヤツだ☆

 

 

馬の上から♪

 

 

 

そういえば、2014年はウマ年でしたね!!

コダイカナルの街中

 

 

コダイカナルはリキシャーが走っていません。
なので移動手段はタクシー、徒歩、ヒッチハイクです。
山奥の町だからか、南インドのわりには静かで、どことなく私の地元っぽいのでした。

 

 

夕暮れ時のコダイカナル

 

 

夕暮れ時のコダイカナル。。
安宿だけど、窓からの眺めは最高でした!!
夜は一気に気温が下がりました。みんなニット帽とかセーター着てました。
そこまで厚着しなくてもいいと思いますが。。
でも冬服のインド人もかわいかったです。笑

サブコンテンツ

このページの先頭へ