タイム紙にて「世界で特に訪れたい旅行先の一つ」として選ばれた場所「ムナール」へ行ってきました!

こんにちは。

先日、かつてタイム紙にて「世界で特に訪れたい旅行先の一つ」として選ばれた場所「ムナール」へ行ってきました。ムナールはタミル語で「3つの川」という意味で、由来通り、ムナールには山を流れる穏やかな川が3つあります。

ムナールの土地や住民の日常生活は世間の近代化とは、かけはなれたものがあります。綺麗で広大な自然に見とれ、穏やかすぎる時間の流れに凄くリラックスできます。近年、ホテルや他の観光産業が目立つようになっているようですが、まだまだ手つかずの美しい自然は健全です。

ムナールへは、まずトリバンドラムから電車でコーチンまで約5時間北上し、バスに乗り換え約5時間(約130キロ)東の方へと進みます。

ムナールへは、まずトリバンドラムから電車でコーチンまで約5時間北上し、バスに乗り換え約5時間(約130キロ)東の方へと進みます。

標高が高くなるにつれ肌寒くなり、持参したUNIQLOのウルトラライトダウンを着て寒さを防ぎました。それでも寒いぐらいでした。

標高が高くなるにつれ肌寒くなり、持参したUNIQLOのウルトラライトダウンを着て寒さを防ぎました。それでも寒いぐらいでした。

こんな山道をひたすらバスで登ります。

こんな山道をひたすらバスで登ります。

ひたすら茶畑!早くここの紅茶が飲みたい!

ひたすら茶畑!早くここの紅茶が飲みたい!

いったいこの葉を摘むのに何人の人が必要でしょうか?!さすが人口世界第二位のインド!

いったいこの葉を摘むのに何人の人が必要でしょうか?!さすが人口世界第二位のインド!

ムナール市内は以外とお店も多く、お酒が飲めるバーなどもあり夜も賑わうそうです。ムナールは隠れ家的な存在でもあり、冒険心をくすぐるスポーツも楽しめる場所です。地元の紅茶農園では世界に輸出している有名な紅茶もあります。今回私が泊まったホテルはやや高め(料金)のとこでしたがベランダから見える景色に即決しちゃいました。

↓ベランダからの夜の景色です★星が凄く奇麗です★

ベランダからの夜の景色です★

星が凄く奇麗です★

↓そして、これが早朝の景色です★

そして、これが早朝の景色です★

↓このベランダで食べる朝食です。

このベランダで食べる朝食です。

この日は、山頂付近を目指してオート・リキシャを使って登りました。

この日は、山頂付近を目指してオート・リキシャを使って登りました。

↓カナダ?を思わせる場所を発見!(カナダは行ったことないです)なんとなくのイメージです…

カナダ?を思わせる場所を発見!(カナダは行ったことないです)なんとなくのイメージです...

↓いつも見ている空の色とは違い凄くブルーでした。

いつも見ている空の色とは違い凄くブルーでした。

↓リキシャを降りて少し歩きました。

リキシャを降りて少し歩きました。

↓山!山!山!

山!山!山!

山!山!山!

↓山頂で子どもたちが果物を売っていました。

山頂で子どもたちが果物を売っていました。

↓焼きトウモロコシ発見!想像してた味(食感)と違いました。固くてマサラ味でした。。。

焼きトウモロコシ発見!想像してた味(食感)と違いました。固くてマサラ味でした。。。

山頂付近にはダムなんかもあり、ボートに乗ったりもできます♪

山頂付近にはダムなんかもあり、ボートに乗ったりもできます♪

今回、ムナールという広大な紅茶畑が広がる町に行きましたが、ほんとに行ってよかったなと思える場所でした。また行きたい!そう思わせる場所でした。緑が豊富だからなのか、ここは目の療養にもいいそうです♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ